ホーム

ご挨拶

寺院紹介

ブログ



姿なきを見つめ、声なき声を聞く

                   ご挨拶 慈受院門跡 梶好寿

当寺は、京都上京区の堀川通り寺の内を少し北に上がったところにございます。

古よりは、薄雲御所又は烏丸御所、竹之御所と呼ばれてまいりました。

建立は1428年にさかのぼり、
足利義満の子息足利義持(足利4代将軍)の正室日野栄子(慈受院浄賢竹庭尼大禅師)が、
亡夫の遺言により、天皇家の菩提を弔うため建立したと伝えられています。

その後、宮家、摂関家から住持し尼門跡となり、
伏見宮息女も入寺した由緒ある比丘尼御所であり、
今日まで法灯を灯し続けてまいりました。

門跡寺院であることから、今日まで永く非公開を貫き、
皆様方とは中々ご縁がございませんでしたが、
この混迷の時代、
皆様方にとって、少しでも心のよりどころ・やすらぎとなるようなお手伝いができないかという切なる願いから、
このサイトを立ち上げ
ました。

今後ともよろしくお願いいたします。  合掌



©2014 JIJUIN 慈受院